オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

在校生インタビュー

二年間、ひたむきに学んだホスピタリティを通して感動の結婚式を作りたい

01_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • オープンキャンパスで自分の夢を再確認大学進学を変更し入学を決意

    高校1年生のときに、ウェブサイトで、おとぎ話をテーマにした結婚式のムービーを見て、こういう世界で働きたいと思うようになりました。実は、高校からの推薦で入学する大学も決まっていたんですが、この学校のオープンキャンパスで先生とお話しするうちにウェディングの仕事をする夢を叶えたいと思い直して入学を決めました。

    1年生のときには、授業の一環として企業プロジェクトに参加しました。「和婚」と「海外挙式」の2テーマのうちどちらか選んで、ウェディングプランを企画するというものでしたが、クラスメイトと一緒に考えたプランで最優秀賞をいただきました。「かぐや姫」の物語からインスパイアしたイメージを盛り込んだプランで、月をイメージしたバルーンスパークや、百人一首をイメージした席札、物語に出てくる5つの宝にちなんだお料理などを取り入れました。そのとき、私が理想とするブライダルプランナーに一歩近づけたような気がしました。

    中村さん
  • 冠婚葬祭を幅広く学ぶ事は、これからの将来必ずプラスになると実感

    この学校では、Wメジャーカリキュラムという制度があって、私は葬祭の勉強もしています。冠婚葬祭の企業も多いですし、両方勉強している方が就職にも有利だと考えています。卒業したら、新郎新婦様のご希望に添った挙式プランを提供できるプランナーとして、アットホームな結婚式場で働きたいと思っています。

    中村さん

詳しくは
Wメジャーカリキュラム

ブライダル企業様と二人三脚で作り上げた忘れられない本物の結婚式

02_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • 美しいブライダルの世界感に憧れて入学
    なんと2か月後には本物の結婚式をプロデュース

    私がブライダルプランナーの仕事を知ったのは、中学1年生の時の「職業調べ」という授業でした。ウェディングドレス、挙式会場やお料理など、キラキラした現場に憧れて将来は「ブライダルプランナーになりたい!」と思うようになりました。入学後の6月に授業の一環として行った実践授業の「リアルウェディング」は、改めて私の「ブライダルプランナーになりたい」という気持ちを奮い立たせる忘れられないイベントになりました。“本物の結婚式”を学園祭のプログラムにするというもので、私はドレススタイリストを担当しました。最初はリアルなイメージがあまり出来ず緊張もしていませんでしたが、本番が近付くにつれ親族の皆様も来られることを知り、「入学して2か月の私達が担当して良いのか、本当にできるのか」とプレッシャーに押しつぶされそうになりました。でも挙式の後、新郎新婦様やご親族の方に「素敵な結婚式をありがとう!」と声をかけて頂き、心から「チャレンジして良かった」、「この仕事を選んで良かった」と実感しました。

    中村さん
  • 一生に一度の結婚式。
    カギになるポイントは新郎新婦様との円滑なコミュニケーション

    今一番身につけたいものはコミュニケーションスキル。新郎新婦様が思い描くイメージをしっかりと引き出し、お二人らしい結婚式をプランニングしたいと思います。結婚式は一生に一度の一大イベント。新郎新婦様はもちろん、ご親族やご友人、結婚式にご出席される全ての皆様が心から幸せになるウェディングをコーディネートできるようになりたいと思っています。

    中村さん

詳しくは
企業プロジェクト

「外国のホテルで働く」

02_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • 英語の重要性を実感した1週間のスイス研修

    高校を卒業するとき、進路をどうしようかと考えたんですが、2年生のときに、宮崎のホテルで出会ったホテルマンに憧れたことを思い出して、この学校への入学を決めました。授業では、現役のホテルマンが先生として、実体験を交えながら教えてくれます。1年生のときには、提携しているスイスのエコール オテリエール ローザンヌで1週間の海外研修に参加しました。ホテル経営論のほか、マナーやサービス、調理までみっちり勉強しましたが、なにより、日本とは違う文化に触れられたのが一番大きな収穫でした。

    中村さん
  • インターンシップで働きぶりが認められ、内定獲得へ

    2年生の9月から10月にかけての1カ月間は、インターンシップ生として、沖縄にある「JALプライベートリゾートオクマ」で研修を受けました。授業で習ったことを応用できる場面に遭遇することも多く、実践力が身についたと思います。先生から電話があり、バックアップしてくれたのも力になりました。インターンシップ先に就職することが決まりましたが、僕の仕事ぶりをまわりの人たちがしっかり見てくれていたんだと嬉しく思います。目標は、海外のホテルで働くこと。そのためにも、英語をしっかり習得したいと思っています。高校のときはあまり得意ではありませんでしたが、現在の授業は実践的な英語をネイティブの先生から直接教えて貰えるので、楽しく身につきます。沖縄でホテルマンとしての経験を積んだ後に、将来は海外のホテルで働きたいと思っています。

    中村さん

詳しくは
海外研修・語学サポート

現場で働くプロの先生に教えていただけることが何よりの勉強

02_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • 兄の結婚式をきっかけにブライダル業界を目指すことを決意

    中学生のとき、兄が結婚することになり、花嫁のドレス選びのために一緒にドレスショップに行きました。その時担当してくださったスタイリストさんに憧れたのが、この仕事を選んだきっかけです。小学6年生のときに出席した従兄弟の結婚式でも、披露宴の華やかさに惹かれたのを覚えています。高校の説明会でこの学校の紹介があり、新設校だったことと、設備の素晴らしさで選びました。

    中村さん
  • プロ講師によるリアルな現場での体験談は興味深いものばかり

    授業では、実際に現場で働くプロの先生に教えていただけることが、何より勉強になります。失敗談を聞けるのも楽しいですし、「自分ならこうしよう」と前向きな考え方も養えます。2年生に進級する前の春休みに、「桂由美フランチャイジー ブライダルハザマ」で2週間のインターンシップを経験しました。スタイリストのアシスタントを担当させていただきましたが、現場では悪いところをその場で指摘されます。座学や実技で教わっていることばかりですが、いざ実践するとなるとなかなかうまく対応できませんでした。でも、失敗を経験することで対応力が身についたと実感しています。研修終了と同時に、インターンシップ先から内定もいただきました。将来は、出席する皆さん全員が喜んでいただける結婚式をコーディネートしたいと思っています。今、パーソナルカラーの勉強もしているので、新郎新婦様に一番似合ったドレスをスタイリングできるようにもなりたいです。

    中村さん

詳しくは
インターンシップ・キャリアセンターサポート

好きなことを仕事にできた喜び学んだ専門知識で夢を実現

02_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • 家族の旅行好きが、私の原点

    私の家族はみんな旅行が大好きで、お父さんが行き先を決めて旅行会社に予約を入れてました。そのうち私も、両親が知らない観光地を調べるようになりました。だから、旅行を仕事にしたいというのは私にとって自然なことでした。せっかく勉強するならやっぱり楽しそうなところがいいと思い、インターネットでいろいろ調べたところ、この学校が楽しそうだと直感で思いました。新設校なので、一期生になれるというのも魅力的でした。

    中村さん
  • 1年生でAXESS実用検定国内2級・3級に合格

    授業は旅行業務に関わる資格取得を目指しており、私は1年生のときにAXESS実用検定国内2級と3級を取りました。次は国際2級に挑戦するつもりです。先生は業界の第一線で活躍されている方ばかりで、何を聞いても私が理解するまで丁寧に教えてくれます。資格試験の際には、練習問題を作ってくれたり、要点を分かりやすく表にしてまとめていただいたり、しっかりサポートをしていただきました。そのお陰で、どちらの試験も一回で合格できました。
    就職は、私の地元北九州市にも店舗がたくさんあるJTB九州に決まりました。小さい頃から家族で利用していたので、思い入れがある旅行会社です。入社してからも、旅行のスペシャリストになれるよう、頑張って勉強を続けたいと思っています。

    中村さん

詳しくは
資格サポート

授業で学んだことを現場で日々実践 お客様の「ありがとう」にやりがいを実感

02_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • 少林寺拳法 総本山での接客体験がきっかけで
    ホスピタリティ業界を深く学ぶ事を決意

    入学する前は、少林寺拳法の総本山に2年間在籍していました。総本山では講習会が定期的に開催され、地方や海外から拳士の皆さんが大勢お越しになります。お客様への対応をするうちに「サービス」の仕事に興味を持ったのが、この業界を目指すきっかけとなりました。オープンキャンパスに参加した際、プロである先生のサービスを目の当たりにして「僕も先生のようなホテルマンになりたい」と、この学校への入学を決意しました。先生にプロとしての風格を感じ憧れましたが、自分はそれ以上のサービスを提供できるようになりたいと思いました。

    中村さん
  • 実践的なホテルでのアルバイトに取り組み、
    将来はその費用でオーストラリア留学も視野に

    現在、「ホテルニューオータニ大阪」のベルマンとしてアルバイトをしています。授業で習った事を実際の業務の中で実践できるため、座学では分からなかった事を勉強する事が出来ます。精神的にも成長できますし、自分が知らなかった事を知るチャンスが沢山あると思い取り組んでいます。2年生にオーストラリア・クイーンズランド大学への留学を予定しているので、アルバイトで得た収入はこの留学の費用にするつもりです。僕たちを教えて下さっている先生は、世界に通用するサービスやマネジメント力をお持ちのプロばかり。現在必要な事だけでなく、僕たちの将来を見据えた授業をして頂いている事を毎日実感し、いつか先生方を越える事を目標に授業に取り組んでいます。

    中村さん

詳しくは
ワーク&スタディ制度

留学時の不安はあったけれど、それ以上に楽しく充実した毎日が待っていた

02_ブライダル総合科ブライダルプランナーコース
  • 2年前に台湾から来日
    旅行分野での知識を習得し、日本の良さを母国に伝えたい

    日本語を勉強するために、2年前に台湾から来日しました。日本語学校に通いながら、週末によく京都や大阪など関西周辺の街に出かけていたのですが、次第にもっと他の場所も見てみたいと思い、日本各地を旅行するようになりました。旅先には趣味のカメラを持って行き、撮影した美しい写真を必ずSNSに掲載していたところ、その写真を見た台湾の友人たちが、みんな日本に来たいと思ってくれている事に気付きました。そのうち、台湾の人たちにもっと日本の事を知ってもらいたいと思うようになり、旅行の仕事に就く事を考え始めました。

    中村さん
  • 学校を選んだ決め手は、留学生向けの手厚いサポート

    いろいろな学校を探しましたが、最終的にこの学校を選んだ理由は新しい学校だったことと、少人数クラスでじっくり指導してもらえると思ったからです。入学前はあまり日本語が上手ではなかったので、日本語能力検定1級を目指す授業があることも魅力でした。また、留学生を専門的にサポートしてくれる留学生センターがあり、困ったことは何でも相談できます。実際ビザを更新する時には先生に手伝って頂きましたし、面接指導も熱心にして下さいました。病気になった時にも、対応してくれます。日本の旅行会社に就職して日本の旅行会社ならではの良いところをもっと勉強し、その後台湾に戻って旅行会社を起業しようと思っています。将来は台湾と日本の懸け橋になりたいと思っています。

    中村さん

詳しくは
留学生・学園生活サポート

LINE 1 1対1トーク

アクセス

ページトップへ