オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

学校ブログ

2020年8月10日

結婚式へ行こう!

みなさまこんにちは。

暑い日々が続きますね。

今日は大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校のオープンキャンパス大イベントの一つである


結婚式へ行こう!


実際の結婚式さながらの「模擬挙式」+「模擬披露宴」を行いました。


といってもコロナの影響もありますから、お食事などは控え、いつものデザートビュッフェはおあずけ。

またコロナが収束してからのお楽しみです。


ご協力いただいたのは堀江のen vue(アンビュー)様。

カメラの授業などでも撮影会場としてお世話になったこともあります。

普段はフレンチレストランを運営されており、本当においしくて素敵な空間です。

そして週末はレストランウェディング!真っ白で素敵なチャペルです。


大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校


そして今回は1年生の学スタデビュー!!ということで、

新郎新婦役、グルームズメン、ブライズメイド、そしてヘアメイクアテンドなど、普段授業で行っていることをアウトプットする場として在校生に参加してもらいました。


ブライダル専門学校 大阪

2年生は1年生に学スタでの立ち回りをしっかりと教えます。

まだまだ緊張している1年生を優しく指導してあげるので、これについては私たちスタッフも本当にびっくりしました。きちんと後輩にわかりやすく教えてくれているのもとっても素晴らしいことです。


ブーケセレモニーという、新郎様がヴァージンロードを歩いて行かれる際に、ご参列の皆様からバラを一本ずつもらっていきます。これは男性が愛する女性のことを思って野原で花を摘み、それをもってプロポーズをした物語を表しています。

ブーケセレモニー

一本一本想いを込めて、集めます。

ブライダル専門学校


グルームズメンに手伝ってもらって、花束を完成させます。


そして、プロポーズ!!

「僕と結婚してください。」



この言葉に女性はブーケの中から一本さしだし、YESの答えの代わりに、男性の胸元に挿してお返事をしたというエピソードがあります。

これが男性の胸元にあるブートニアと呼ばれるものです。


挙式後はみんなでフラワーシャワーでお見送り。


披露宴へと続きます。

新郎新婦がお色直し中に、今回プロデュースをしていただいた、七瀬先生のブーケパフォーマンスです。

先ほど、新郎様が集められたブーケ。

そのままの形でもよいのですが、こちらをブーケプルズにして、ゲストの方々のどなたかに幸せのおすそ分けをします。

実はフローリストという職も持っている七瀬先生が、こちらをブーケに整えていきます。


フラワー ブライダル 専門学校


こちらはフラワーアレンジの基本で、スパイラルというらせん状に巻いていく技法です。

大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校ではフラワー装飾技能士3級(今年は残念ながら試験中止でしたが)の中に含まれており、時間内で仕上げる検定になります。

在校生はこちらを学んでいます。


通常花屋さんであれば、10分以内にお話ししながらブーケを作って、お客様にお待たせしていることを感じさせないように仕上げるのです。

今日は5分!!さすが七瀬先生



ブーケトスをすると、大事なお花がつぶれてしまうこともあるので、こうやってリボンを使用して、ブーケプルズにすることがあります。美しいままお手元に・・・。


来校者の方に当たりました!!おめでとうございます。


最後はブライダル総合科の学生にスピーチをお願いしました。

ブライダル男子


入学して間もない1年生。

彼はグローバルブライダルプランナーという3年制のコースにいます。

(2021年度はスーパーブライダルコースに変わります)

半年間の留学+ブライダルを学ぶコースです。

高校の時に、ガイダンスで来てくれた高戸先生の説明でピンっ!ときて、必ずこの道を目指す!

そう思ったのでした。


次に、同じく3年制の2年生、こちらはブライダルスペシャリスト。

3年制を選んだ理由、一番興味のある授業などについて質問してみました。

大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校の主軸となる授業である「コアマネジメント」わかりやすく言うと、コミュニケーション心理学と気質学です。

これを学んで、今のアルバイト先にも活かしているとのこと。

自分のこともわかり、相手の方のこともわかるので、コミュニケーションがとりやすくなります。


ブライダル専門学校


ドレススタイリストを目指す2年生の在校生は、ボランティアで子供たちと一緒に遊ぶというのを経験し、そこでこのコミュニケーション心理学がとても役に立ったようです。

また総合コースはヘアメイクを学びますので、小さい女の子にしてあげると、「私もやって~」とみんなから喜んでもらえたそうです。いいことですね。


ドレススタイリスト


社会に出るにあたり、ブライダル業界だけを目指すとは限りません。

どんな業界に行っても、役に立つ、そして重宝される人になるためには必ず必要なスキルです。

またこちらについては別のブログで触れたいと思います。


過去ブログにも記載していますので、ぜひ読んでみてくださいね。


キャストの皆さん、今日はお疲れ様でした。

そしてありがとうございました!


SNS関係はこちら→ Twitter Instagram LINE

オンライン学校説明会AO説明会 も行っています。

You tubeチャンネルにも遊びに来てね

なんでも聞いてくださいね~

LINE 1 1対1トーク

アクセス

ページトップへ