オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

学校ブログ

2020年9月15日

ブライダル業界の現状とこれから 【アイ・ケイ・ケイ株式会社様 特別講義】

みなさまこんにちは。

このコロナ禍により、結婚式がキャンセルや延期になり残念なニュースを見たことがある方も多いと思います。

ブライダル業界を目指す学生やその保護者様にとっては一番気になるのが、ブライダル業界の現状とこれから

今回も学生たちはZoomにて拝聴し、アイ・ケイ・ケイ株式会社の山口様より特別講義を聞かせていただきました。

アイ・ケイ・ケイ株式会社様には、今年大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校から4名が内定をいただき、就職に向けて、自分自身のブラッシュアップに励んでいます。


山口様は、昨年も企業説明会にお越しいただき、学生たちの心を一瞬にしてわしづかみ!

1時間があっという間に過ぎてしまうぐらい、聞き手を夢中にさせてくれます。


<2019年12月 合同企業説明会にて>


Zoomでは一人ひとりの顔をしっかりと確認することができますが、積極的に反応をした学生にはコメントをくださるので、みんなが次第にニコニコ


開口一番、

みんな、ブライダルのリアルを知りたくない?


この一言で、学生のみんな、スタッフの私たちも前のめり!

まさに聞きたかったことを話してくださいました。


山口様はもともとスポーツウーマンだったので、進路もスポーツに携わるお仕事に就こうと考えてらしたのですが、アイ・ケイ・ケイ株式会社様の企業説明を聞き、感銘を受けてブライダル業界に魅力を感じ、入社されました。

そこでウェディングプロデューサーの道を歩まれ、現在は人事部ご担当。

新たな人材育成や採用などがお仕事なので、こうやって学生に向けてお話をしていただけるのです。


冒頭第一声目にあったブライダルのリアルについて、今学生の皆さんはどんなイメージを思っているのか?


・親戚の結婚式が延期になっているが、無事に開催されるのかわからない

・アルバイト先でも挙式が少なくシフトがない状態

・ブライダル業界は大変と聞いた


とネガティブなイメージがあるかと思いますが、実は結婚式は9月から少しずつ施行されています。

(結婚式を行うことを業界では施行と言います)

山口様自身もご結婚式をされる予定が、延期になってしまい大変悲しい想いをされました。

でも中止にはせず、結婚式を必ず行いたい!そんな想いは消えることなく、少し先に予定されています。


ではなぜ新郎新婦様は延期しても結婚式を必ず挙げたいと思われるのか?

それは、結婚式を挙げる価値を知っているからです。


結婚式を挙げる価値とは?

人生の節目である結婚。

新郎新婦様お二人にとって、結婚式を挙げる意味。

大切な人たちと一緒にその瞬間をすごせる幸せな瞬間。


ここに価値があると知っているから、結婚式はなくなりません。


70%


この数字は一体何を表しているでしょうか?

結婚式を延期したいと新郎新婦様が回答されたアンケートの数字です。

中止せずに、延期しても結婚式を行いたいと思ってくださる新郎新婦様のためにもブライダル業界は安心安全に結婚式ができるようにする態勢を整えなければならないのです。


NEW NORMAL for HAPPY WEDDING

ニュー ノーマル フォー ハッピーウエディング


これは、ブライダル業界の18社が発起人となり、このコロナ禍を乗り切るために一丸となって7つの誓いをたて独自のガイドラインを作りました。アイ・ケイ・ケイ株式会社様もその中の1社でいらっしゃいます。

1,350の結婚式会場も賛同を表明し、自分たちの利益のためではなくお客様のために、ゲストに安心してもらうための取り組みを行っているのです。

お客様が結婚式を中止にされていないということで、9月からは業界は再開に向けて動き出していますので、ブライダル業界は危機的状況ではないということがうかがえます。アイ・ケイ・ケイ株式会社様でも9月以降多数のご予約を受けていらっしゃるとのことでした。


自宅で結婚式の会場が見られたり、オンラインによるお打ち合わせなど、もともとコロナでなくても取り組みたかったことが取り組めるいい機会にもなり、オンラインでご契約を決められたお客様も多かったそうです。


さて、そんなアイ・ケイ・ケイ株式会社様の本社は佐賀県伊万里市。

山口様がお育ちになったところでもあり、どちらかといえば自然豊かな郊外で、のどかさを感じられるような街ですが、いまや全国展開を広げられている地元密着型のおもてなし企業様です。


結婚式の会社ですよね?と言われるそうですが、実は「地域活性化プロジェクト×まちづくり」の会社様です。


地方自治体の問題は人がいないことでした。結婚式には人が集まるという特性に気づいたアイ・ケイ・ケイ株式会社様は、ウェディングを通して地域を活性化するという事業を立ち上げ、地域活性化のために行っていることが高く評価されている会社となっています。


アイ・ケイ・ケイ株式会社様は、これからもっと楽しくなり、働くスタッフにチャンスがある企業様です。

結婚式をしながら新しいことにチャレンジしたい!そんな想いを持った企業様ですので、入社してからもどんどん新しいことができそうですね。


自分のコンパスを持とう!

さて、ここからは就職活動についてです。

採用される人数は少ないものの、採用はします!とのことでした。

なぜなら、このコロナ禍でもなんと、新店舗をオープンされるそうです。当然ほしい人材、一緒に働きたい人材は欲しいですよね。


では、学生時代はいったい何をすればよいのか?についてお話いただきました。

就職活動をするにあたって、必ず考えなくてはならないのが、自分の指針。いわゆるコンパスを持つということです。自分の進むべき道に行くためにはコンパスが必要。それをもって自分の行きたいところに今自分が向かっているのか?それを確かめながら就職活動を始めます。


自ら考え決断し、行動できる人

= 自分のコンパスを持っている人


明日どうなるかわからない、そんな中でも自分はこうなりたい、こうしていく!という志がある人が必要になってきます。それを作れるのが専門学校なのです。

自分の生きがいや、人生を彩るもの、自分に価値を与えるものは何なのか?

なぜ仕事をするのか?何のために仕事をするのか?

このような人間観・仕事観を考え、自分のコンパスをつくります。自分のコンパスが決まるということは自分の指針が決まります。


指針が決まると、今自分が何をしなければならないのか?がわかります。

そうすると、授業を受ける意味、授業の受け方も変わってくるはずです。


自分がなぜブライダル業界で働きたいのか?


なぜブライダル業界でなくちゃダメなのか?

ノートに書きだし、その理由をしっかりと落とし込みましょう。

すぐに思いつかない場合は、書けるまであきらめないこと、これが重要ポイントです。


最後に山口さんからのメッセージです。

みなさんは、何のために仕事をしますか?

仕事が皆さんに意味を与えるのではなく、皆さんが仕事にどんな意味(価値)を見出すか?です

仕事に対してどんな意味や価値を感じるますか?

そのためには今、この時間をどう過ごしますか?


こうやってしっかり考えてから就職活動に挑みましょう!


山口さんは、昨年企業プロジェクトでもご担当いただき、学生たちにいろいろなことを教えてくださいました。

自分が働く意味を明確にし、自分が輝ける場所へ行くためにも、ここは頑張り時ですね。

コロナだからという言い訳はやめて、だからこそできることを探して挑戦する心を持ちたいですね。

ブライダル業界のこれからは明るい!

そんな印象が伝わりました。


山口様、本日は貴重なお話をありがとうございました。

そして学生の皆さんもお疲れ様でした。


ではまた次回のブログで


大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校3期生の先輩がドレススタイリストとしてアイ・ケイ・ケイ株式会社様で勤務しています。

メッセージも含めてご覧ください。



LINE 1 1対1トーク

アクセス

ページトップへ