オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

新型コロナウイルス
感染症について

新型コロナウイルス
感染拡大への対策について

本校では授業実施にあたり、新型コロナウイルス感染拡大への対策について、文部科学省および大阪府の要請・指導を踏まえ、幾重にも対策を実施しています。

1.衛生管理・消毒の徹底

学校入り口はもちろん、エレベーター、各フロア、各教室すべてに消毒液を用意し、授業開始時には備え付けの消毒液を使って、机やパソコン等の除菌を実施しています。登校時には職員が入り口に立ち、学生一人一人に手の消毒を行っています。
また学生・スタッフ・講師ほかすべての職員にマスクの着用を必須としています。

2.体調管理

学生・教職員・講師用に新型コロナウイルス感染防止マニュアルを策定し、配布しています。
校舎入り口には「サーモカメラ」を設置。学生はもちろん、教職員・講師も毎日の検温を実施ししています。
発熱等の体調不良の場合は、無理をせず、休みを取ることや適切な手順をとり医療機関等へ受診することなどを周知しています。
また日常での手洗い・うがいも励行しています。

3.三密を避ける

PCルームではビニールによる遮蔽を行い飛沫を防いでいます。
エレベーターは乗員を5名までとし、外を向いて乗るなど、お互いが向き合わないように工夫しています。また、極力階段を使用するようにし、密な空間が生じないよう努めています。

4.換気の徹底

授業を行う教室は、1コマ3回以上の換気、または常時窓やドアを開放しておくなど、換気の徹底を行います。

今後もさらなる感染拡大防止策を施し、学生・教職員すべてが安心して学校施設を利用できるよう努めてまいります。

LINE 1 1対1トーク