ブログ

Blog

スモールラグシュアリー

みなさまこんにちは。

入学相談室です。

スモールラグシュアリー。

この意味わかりますか?

これは、ラスイート神戸ハーバーランドのコンセプトです。

このホテルは、神戸の震災が起きた後、神戸を元気にしようということで建てられたホテルなんです。

70室で全室スイートルーム。

ホテルとしては小さめな規模になりますが、スイートルームしかないわけですから、当然ラグシュアリー。

高級感があるのに、堅苦しくない居心地の良さを感じました。

六甲牧場をあとにしたホテル科の学生は、山岡先生とともにこのホテルを見学。

総支配人自らご案内してくださいました。

実はこのホテルの総支配人檜山(ひやま)さんは、なんと、本校に毎週“サービス接遇”の授業でお越しいただいていて先生でもあるのです。

ラグシュアリーホテルというのは、やはり宿泊されるお客様の層も違いますので、それなりの高度な接客マナーが必要になります。そんな檜山先生から直接習うことができるなんて、恵まれてます。

では、檜山総支配人を少しご紹介。

1996年に行われた第一回日本メートル・ド・テルコンクールで見事グランプリをとられ、最優秀メートル・ド・テルに。

フランス語で給仕長のことで、レストランサービスにおいて、お客様にお食事を取り分ける時に、素晴らしいカービングや、ときには炎で演出するテザートのフランベをして、最高のおもてなしをする人に与えらる称号なんです。

そんな檜山先生が総支配人をつとめるラ・スイート神戸を少しお見せいたします。



エントランスには季節感漂うクリスマスツリーがお出迎え。



噴水が美しい、これだけで癒される場所。

カフェすることもできます。


オレンジがオシャレ。

まるで外国に来たようです。



すてきな神戸ハーバーランド。

実はホテルのてっぺんに、ホテル名がないんです。表示はこんな感じ。ここに来てはじめてホテルということがわかります。

だから、知らない人は

あのオシャレな建物はなんだろう、、、?ぐらいにしか思ってないそう。


では早速お部屋をご案内。



少し斜めになった扉がポイントです。

こういうつくりなので、鍵を開けるときに、隣のお部屋の人とお顔を合わせることがないのです。


客室その一。


学生は今、企業プロジェクトに取り組んでいますから、そちらの参考にお話をたくさん聞いています。
なんだろう?この醸し出される高級感。。。


結婚式を挙げられることも。

この鐘もこだわり。

同じようなものはあるけれど、海外のまさに本物クラスの品。そして聞いたのに忘れてしまうくらい難しい名前と行程をへて、ここにきました。



レストランの食器も超一流。

ドンペリ。


あと、一つ、一泊40万円のお部屋もみせていただきました。

全てを書ききれませんが、ほんとに見学するだけで、うっとりするお部屋でした。



このほかにも、お風呂が円形のジャグジーで、大人が軽く3人は入れるほどの大きさ。

これを設置するときは、クレーンで運ばなければならなかったそう。

ラ・スイート神戸ハーバーランドでは、ここでしかできない100の魅力というコンセプトをもとに、ほかでは真似できないことを、日々考えていらっしゃるのです。

食材は兵庫県のものを使い、漁師さんたちや農家さんたちから直送。それだけでも美味しそうですよね。

入り口のクリスマスツリー装飾や、館内のお掃除もみんな社員さんが行うのです。思いが違いますよね。

高級感だけど、かしこまらずお客様が快適に過ごせる空間は、やはり人のココロから生まれるのかもしれません。

館内はとっても静かでしたが、ほぼ満室の状態。檜山総支配人をはじめ、ご対応いただいたスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

いつかみんな泊まれるように、、、。
そして最後になりましたが、

楽天トラベル朝ごはんフェスティバル優勝と、

神戸マイスターにメートル・ド・テルで選ばれましたこと、おめでとうございました。

とってもいい経験になった1日でした。