ブログ

Blog

「エアライン実務」でカッコいい業界人に

空港で、飛行機内で、てきぱきと働く方々の「カッコよさ」の秘訣は、豊富な知識と確かな技術に裏打ちされた自信です。

航空業界で働くための、その必要な知識と技術を身に着けるための授業「エアライン実務」に潜入してきました。

今日の授業の柱はふたつ、プレゼンテーションと時差計算です。


授業のはじまり恒例のプレゼンテーション。

テーマは毎回違いますが、クラスのみんなの前で、1分程度の発表を行います。

今日のテーマは「ニュース」。

気になったニュースをひとつ選び、1分程度に要約して発表します。

その際の言葉づかい、立ち振る舞いも重要。

面接対策であると同時に、お客様の前で実際に話す練習なのです。

終わったらその場で録画した動画を見て反省。感想やアドバイスを言い合います。


続いては時差の計算方法です。

皆さま、以下の質問にパッと答えられますか?

 Q1.大阪とニューヨークの時差は?

 Q2.大阪が午前9時の時、ニューヨークは何時?

 Q3.大阪を午前9時に出発したフライトがニューヨークに到着したときの現地時間は?(日付変更線を通るよ!)

や、ややこしいーーーー!

お恥ずかしながら私、途中で考えるのをやめてしまいました

けれどエアラインで働くのなら、これは絶対に必要な知識。

例えばある便が遅れてしまったとき、到着が何時になって現地時間は何日の何時で、乗り継ぎは……なんてことをスムーズにお客様にお知らせできなかったら困りますもの。

逆に、飛行機が遅れてどうしようどうしよう……と不安な時に、「〇時には着きますので乗り継ぎは間に合いますよ」「それよりフライト時間が長くなりますので、お茶をもう一杯いかがですか?」なーんてさらりと言われたら。

惚れる。

学生たちはしっかりついていっていましたよ!

わからないところはお互いに教えあい、「苦手だけどもっとやりたい」なんて声も。

頼もしい!