ブログ

Blog

茶道から感じる日本のおもてなしの心

おはようございます。

教務部の一岡です。

学校前の道路はイチョウの葉っぱがひらひら。

秋を感じる毎日です。

みなさんのお住まいの近くはいかがですか?


先日、北山山荘というところで、茶道の田中宗瑠先生の開かれる


お茶会


に、行ってまいりました。



学生2名が参加することになり、お着物を着て、しっとりと。

紅葉が見事で、本当に素敵な空間でした。



招く側、今回でいうと、田中宗瑠先生とお母さまが主催でしたので、

私たちは招かれる側。おもてなしをうける側です。

お茶室では、上下関係なく、その空間をみんなで楽しむというものです。


「茶道では、『自分の身の丈を知る』ということをお勉強するのですよ。

上から目線などないのですよ。

ぜひ、卒業されてからも続けてくださいね」

とおっしゃってくださいました。


2年生は前期・後期と茶道を行っているため、基本はわかりましたが

こうやって流れを組むとわかるもの。


足はしっかりしびれましたが、秋の紅葉ととともに絵になる二人。

とてもいいお勉強をさせていただきました。

写真は宗瑠先生と。



日本には古くから守り抜かれた伝統があります。

お着物を着つけるのも手間ヒマかかります。これもまたおもてなし。

外国の方が来られた時に、言葉ではあらわさず、“感じる”ことができる

おもてなしをしたいものですね。

次回の開催は未定ですが、今回参加できなかった学生も次回はぜひ参加してくださいね。


田中先生、お招きありがとうございました。