ブログ

Blog

<シニアご夫婦におすすめ>色鮮やかなルミナリエ【学生発信ブログ(トラベル)】


阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、

大震災の起こった1995年の12月に初めて開催した『神戸ルミナリエ』。

以来、神戸ルミナリエは震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催しています。

神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品をぜひご覧ください。

2017年の神戸ルミナリエのテーマは

未来への眼差し(Guardando futuro)』です。

 270m 40万個のイルミネーション

(HPより)

2017年の神戸ルミナリエの開催期間は例年通り10日間です。

神戸ルミナリエの開始当初は14日間の期間で開催されていましたが、

資金難のため2007年から12日間に期間が短縮され、

さらに2015年から10日間に期間が短縮されて現在に至っています。

2017年の開催日程2016年より一週間遅くなりましたが、

開催期間は例年通り10日間なので、

クリスマスに神戸ルミナリエのイルミネーションを眺めながら

若かりしころのデートというわけには残念ながらいかないですね。

2017年は神戸開港150年、来年が兵庫県政150周年であることから、

例年よりも規模を拡大して、大きな節目となる年にふさわしい作品を設置されます。

土日は大混雑ですが、その反動で


月曜日の人出は少なめ
。ただし土日に雨が降ると月曜日が混雑する例年、
開催初日の人出は土日の半分以下程度

平日の中でも水曜日に人出が多い。
(これは企業で定時退社デーに設定しているところが多いからと思われます)

水曜日の影響で、
火曜日と木曜日の人出が少なくなる。

まとめると、混雑しにくい狙い目としては以下になります。


開催期間の初日

平日、特に月曜日、火曜日と木曜日

(HPより)

神戸ルミナリエの作品展示は旧外国人居留地の
仲町通り(通称「ルミナリエ通り」)
と、通りの東側に位置する東公園

仲町通りの作品展示のスタート地点は、2016年までの京町筋交差点東詰から、

約80m西側の浪花町筋交差点の東詰に変更。

これにより仲町通りの作品の総延長は約 270第20回までの総延長に戻っている。

電車でアクセスされる場合は、必ず
JR元町駅もしくは阪神元町駅

三ノ宮駅側からの逆流はできませんので、決して三宮駅で降りてはいけません!

そして、神戸ルミナリエへのアクセス手段ですが、

電車がオススメ

自家用車での来場はオススメしません。

2017年も大混雑が予想される神戸ルミナリエですが、それに見合うだけの美しさ、荘厳さが神戸ルミナリエにはあります。