ブログ

Blog

ブライダルハワイ研修

みなさまこんにちは。

教務部の一岡です。

1/8〜15まで、ブライダル総合科1年生は、ただいま、海外研修でハワイに来ています。

日本とはうって変わって常夏!

でも建物内は冷房もきいたりして、温度の変化の対応が大変です。

関空での“行って来ます!”から。

時差ボケにならないよう、到着日は、夜まで絶対に寝ちゃダメ!!

との言葉を守り、みんな必死に耐えまして、無事に翌日からの研修に参加しました。

研修先はハワイ大学

カピオラニ コミュニティ カレッジ

日本とアメリカのブライダルの違いを学び、花嫁さんの忙しさにびっくり!!

日本と文化や生活習慣が違うからこそ、うまれるビジネスの違いにも注目。

その一つとして、チェアカバー。

普通の椅子がデコレーションするだけで、お部屋がこんなに変わってしまうの!?ってほど。

教えていただくのは、チェアカバーの会社を経営されている、なほこ先生。

いかに早くキレイに会場をセッティングできるかが勝負。

ひとりで300人ものカバーを行うことも。

みんな、意外にリボン結びがうまくいかない、、、。笑

ランチはとってもおいしいハワイアンフード。

調理の学科の学生さんが作ってくださるのです。

珍しいタロ芋なども。

もちろん、みんなおかわりして、お腹いっぱいごちそうになりました!

お昼からは、ハワイアン文化について。

歴史と生活から文化がうまれるのですね。

2日目はハクレイと、英語の授業。

偶然にも昨年と同じジェームズ先生が、ご担当でした!!

いつもは苦手な英語も、積極的に質問。

アメリカでは、学生の質問だけで授業が終わっちゃうことも?

日本人はついつい間違いを恐れますので、発言はできれば確実なものを!と思ってしまう。

でも、ここでは、どんどん質問して間違えてよいのです。

ハクレイは、自然のものを使って作るので、大地からもパワーをいただくのです。

フラダンスの発表会のときは、山に登って自然のものをとってきて、作るそうですよ。

それぞれお花を選ぶので、個性が出て可愛いですね。

お天気がいいので、外で修了式となり、修了書と、ククイという特別な実でできたレイもくださいました。

晴天に恵まれたこのハワイの地のホスピタリティを感じて、ハワイの人たちが大切に守り抜いてきている自然とパワーをいただいて、

アロハ ア・フイ・ホウ

(また、お目にかかれる日まで)

さをり先生、なほこ先生、ジェームズ先生、

とっても楽しいお時間を、ありがとうございました!