ブログ

Blog

この一生絶対行ってほしい聖地!【学生発信ブログ(トラベル)】

皆さん、おはようございます

今回ご紹介して頂きたいのは世界文化遺産「日光の社寺」です。

軽く、日光山内の歴史を紹介すると、

昭和26年に、文化財保護法の施行にあわせて、

日光東照宮本殿などが国宝になり、平成11年に、日光東照宮42棟、二荒山神社の23棟、日光山輪王寺の38棟の計103棟と、

その周辺の景観が「日光の社寺」として世界遺産に指定されました。

↑日光の社寺の中で一番知られている「日光東照宮」↑

日光の社寺は他のお寺と違って、

権現造りで柱が左右対称していて、左右方向には偶数本の柱が配されています。

そうなので全体的は綺麗に見えて、角と角がきちんと並んでいます。

しかも、屋根や柱の細かいところに金箔が付いていて、

もっとピカピカになり、荘厳に見えますね


日光観光の際には、これらのところを重点的に、効率よく、周っていくといいでしょう。

ちなみに、この4つ社寺のうち、特に、どこがお勧めなのかというと、

「この4つの社寺、すべて」です。

しかし、時間がないときは、少なくても「日光東照宮」だけは周ることを、お勧めします

というのも、日光東照宮には、「三猿」や「眠り猫」など有名な彫刻がありますし、他にも、色々な見所があるためです。

↑「三猿」↑

三猿(さんざる)とは3匹の猿が両手でそれぞれ目、耳、口を隠している意匠である。

見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智の3つの秘密を示しているとされています。

実は、これは人類の幼少期への教訓というものです。

子供たちに対して、悪いことを見ない、聞かない、言わない。

何でも吸収する幼い時期に子供に悪いことは見させない、聞かせない、言わない。

そして、奇麗なものだけを見て素直に育つのが良いということ。

また大人に向けて、人の悪いところばかりを見ない、あえて聞いたりしない、

悪口を言ってはいけないという教えでもあります。

このような可愛い猿たちの彫刻には、

意味深いストーリーが秘めているとは誰でも思えないでしょう

↑「眠り猫」                                ↑「舞い踊る雀」

日光東照宮の建物には、多様な動物の木彫像がみられることが多いです。

これらの動物のほとんどは平和を象徴している

眠り猫は踏ん張っていることから、徳川家康を護るために寝ていると見せ掛け、

いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれていますが、

もう一つの教えとして、裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているらしいです

普段忙しい生活から出て、日光に行ってみませんか?

歴史あるお寺を巡り、自分自身の目でこの壮大さを収めてみませんか?

散歩しながら、昔から伝われている知識を味わえて見ませんか?

そう当てはまるあなたには、

この一生絶対に逃さないベストチョイスは世界文化遺産「日光の社寺」です


アクセス

JR宇都宮駅(日光線)(日光行き)JR日光駅

所要時間42分 乗り換えは不要です! 片道運賃は約760円をかかります。

また、JR日光駅から日光の社寺まである距離があって、
徒歩約30分かかります。

もし、歩きたくないーー、もしくは時間が余裕がない方にもバスのフリーパスもあります!
500円で一日に何回でも自由に乗り降りできます

「日光 世界遺産めぐり手形」的圖片搜尋結果

JR日光駅(バス)日光の社寺(表参道)
所要時間約10分 乗り換えは不要です! 片道運賃は約500円をかかります。