ブログ

Blog

ドレスフィッティングお手伝い

みなさんこんにちは。

教務部の一岡です。

4月に入り、桜も満開。

今が一番いいときですね。

教務スタッフは、花粉症にやられて、方々で

ハックショイ〜〜!!

大変です。

花粉症をお持ちのみなさんは、大丈夫ですか?

さてさて、ブライダル総合科の2年生は、卒業生とともに、ミスコンテストのお手伝いに。

ミススプラナショナル 兵庫大会

ファイナリスト7名の

知性ある女性たちの熱き戦い。

グランプリに選ばれた方は、日本代表を目指して世界大会に。

そんなみなさんのサポートとして、

ドレスフィッティングと、裏方のお手伝いをさせていただきました。

事前にフィッティングにお越しいただき、

サイズ感、顔映りなどをチェック。

どのドレスにしようか迷います。

ご自身のお好みとは違っても、そこは、プロデューサーの先生方がしっかりチェック!

無事に当日を向かえられます。

今回はみんなも大好きな、七瀬先生が、プランナーではなく、MCとして入られていました。

リハーサル中は、いろんな角度から、ファイナリストたちを眺め、ドレスの着せ具合や、時間が経つと、ズレてこないかなどを入念にチェックします。

先輩は何度も経験しているので、気になる箇所がすぐにわかり、それを後輩はメモします。

真剣です。

大好きなドレスをやはり、綺麗にきて欲しい!

ただそれだけの想い!!

学校が持っているドレスを提供させていただいたので、そこはきっちりしたいですよね。

時には代役もつとめ、グランプリに輝いています。

こんな経験はなかなかできません。笑

本番が始まり、主催者のステファンさんのスピーチでスタート。

ダンス、水着審査を終えて、いよいよ、みんながキレイに着せたドレスを着ての、ドレス審査です。

堂々たるウォーキングで、ファイナリストたちが、次々に登場です。

スピーチの大事な場面ではマイクの受け渡しなど、運営側にも回ります。

日頃、ウォーキングの授業で習っている立ち居ふるまいはこういうところで、活きてきます。

将来ドレスショップで働いたときに、ドレスファッションショーなどで、活躍できそうです!

イベントごとは、9割が事前準備の完璧さにかかっています。

まだまだスタッフはいましたが、時間の関係で、ファイナリストたちとのお写真は、全員で撮れませんでした。

ちょっぴり残念ですが、みなさん遅くまでお疲れ様でした。

そしてありがとうございます!

最後に、学校ロゴの前で、七瀬先生とパシャリ。

また、こういう機会があれば、ぜひ参加してくださいね!!

素敵でしたよ。みなさん!