ブログ

Blog

ハワイ海外研修~ブライダルコース~

皆さん、Aloha

入学相談室の梅内です


今回は皆の憧れ、を学びに

約一週間のハワイ海外研修に行ってきました


多くの日本人カップルがハワイウエディングに憧れを持ち、

ハネムーンと一緒に二人の時間をハワイで楽しまれる方もいらっしゃいます

とにかく空も海も澄み渡る淀みのないブルーのハワイで皆は何を学び、何を得たのでしょうか


さて、関西国際空港に集合して飛行機に乗り込みます

途中、仁川でのトランジットがあり、皆韓国料理を堪能していました


そして、日付が一日戻ってやっとホノルルに到着

ホノルルの空港から外に出た瞬間のココナッツの甘い香りやカラッとした

素晴らしいお天気に皆飛行機移動での疲れがどこかに吹っ飛びました


到着後は市内観光です

日立のCMで有名になった「この木、なんの木気になる木」(正式名称:モンキーポッド)があるモアナルア・ガーデン(Moanalua Gardens)やカメハメハ大王像などを巡っていきます

初日はオーシャンブルーの海を見て、学生さんからは泳ぎたいの声が上がり、テンションMAXで市内観光出来たようです


そして2日目以降はホテルにて朝食を済ませ、グループを2つに分けて

それぞれ研修をしていきます

まずは海外教育提携校であるハワイ大学システム・カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)にて研修をするチームです


世界35カ国から約9,200人もの学生たちが集まるアメリカ最大規模のキャンパスでハワイウエディングに関する実習をしていきます


ワークショップでは英語の授業や、ハワイアンドレスの着こなしに必須とも言えるハクレイ(花冠)作成を行いました普段フラワーの授業で勉強をしているせいか、皆のセンスが光ります


もう一チームはホテルやダイヤモンドヘッド・ホワイトビーチチャペル見学をしたり、ウエディング業界大手企業のベストブライダルさまのサロンにて現地スタッフによるマーケティング、ウエディングフォトに関するレクチャーを受けたり、衣裳の試着をしたりと、こちらも盛りだくさんでした


海外ウエディングでは宿泊しているホテルの部屋で支度をして、リムジンに乗って結婚式の場に行くという流れが一般的ですが、ベストブライダルさまではサロン内にドレスやアロハのような衣裳をそろえ、フィッテイングやヘアメイクが出来る環境を整え、一連の準備が一括で出来るようにと日本らしい気遣いのあるサービスを提供されています

またドレスに関しても、多くの海外の方はウエディングドレスにセクシーさを求めて、背中のざっくりあいたドレスを選ばれますが、一方で可愛さや清潔感を重んじる日本人に合わせた、背中に可愛らしいレースを施したドレス等を用意されています

海外でも日本のサービスクオリティーを大切にされるベストブライダルさまから、ハワイウエディングを心から楽しむ新郎新婦への温かい心遣いを学ばせて頂きました


また自由研修の日はウエディングフォトや演出についての課題が出され、課題に対して自由に行動が出来る時間がありましたインスピレーションを受けに出かけたり、写真を撮りに行ったり、ショッピングに行ったりと楽しく課題に取り組むことが出来ましたお揃いのTシャツ、可愛いですね



帰国前日はハワイ研修の集大成として模擬挙式をチャペルにて行いました

シェラトンホテルにてヘアメイクを行い、チャペルへ移動して、挙式スタートです

今回の研修で学んだハワイウエディングを体現するべく皆で協力して取り組みました

鮮やかなフラワーシャワーもアロハドレスもハワイの空にとても映えますね



この一週間で、ウエディング業界に向かう自分の気持ちもモチベーションも

なにかしら変化した学生さん達がいらっしゃると思います

人に感動を与え、そして返してもらう、、そんな心震える瞬間を学生の皆さんには早く味わって欲しいですね

皆、夢に向かって頑張りましょう


では、またーーーー


アロハ/aloha
こんにちは、さようなら、ありがとう、愛しています、など

ハワイを代表する言葉で、日常のあいさつに使われるだけでなく、幅広い意味を持っています。

「aloha」は「Akahai(思いやり)」、「Lokahi(調和)」、「Olu’olu(喜び)」、「Ha’a ha’a(謙虚)」、「Ahonui(忍耐)」

という5つのハワイ語の頭文字から成り立っており、ハワイの人々が持つ「アロハスピリット」を表す言葉として大切に扱われています