ブログ

Blog

日本のおもてなし~茶道の心得~

みなさまこんにちは。

芸能人がいろんなエクササイズ動画をアップしていたり、

リレー動画なんかも流行ってきていますね。

様々な情勢に、毎日の生活が変わっていきますね。


当たり前だったことが、当たり前でなくなる。

毎日普通に過ごせていることって実はすごい事。

毎日同じことの繰り返しも、悪くないって思ってしまいますよね。


本日は少し、学校のおもてなしの話をしようと思います。


本校では、おもてなしを伝統文化から学んでいます。

本日は茶道について。

茶道のイメージは???

う~ん。おまんじゅうが食べられる

正座で足がしびれる

所作が難しい・・・

でも、入学したら、一度は皆さん触れていただく和の心。

茶道の時間は8名~13名ぐらいでゆったりと時間を過ごしてもらいます。

学校では2年~3年の短い年月で、所作を取得するまではなかなか難しいです。

ひとつひとつ決められた動作の通りにしなくてはなりません。

今日はちょっと右からいこうかな・・・など、違ったことをしてはいけないのです。


先生が来られると、いつもはにぎやかなみなさんもおしとやかになります。

茶道の教えは、ブログの一話では話せないほどたくさんのお話があります。

茶室では、身分、立場関係なくそれぞれが一杯のお茶を楽しむのです。


卒業年度生対象ですが、何名かは「卒業茶会」というものを行います。

今まで習ってきたことを形にして、お客様にお茶をいただいてもらう。

わずか30分足らずの時間ですが、そのために準備をし、おもてなしをします。


決められたお点前を順に行う事、決められたことをしっかりと守り、次の世代につなげていく。

新しいことやアイディアはもちろん大切ですが、こうやって古き良き伝統文化を継承していくのも、日本を支える素晴らしい文化なのです。


この心は、ホスピタリティ業界を目指すのであれば、必ず身に付けてほしいものですね


卒業茶会の様子はこちらのYou tubeで見てくださいね