オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

男性はブライダル関連の仕事に就けない?
いえいえ、そんなことはありません

ブライダル関連の男性 世の中には、事実上性別が決まっていると感じるような職業があります。看護師はその典型ですが、就職にあたっては男性に門戸が開かれていないわけではありません。ただ、女性が圧倒的に多いので事実上女性の職業だと思われているだけです。
事実上女性の職業とされているものの、実は男性にも適性があるのではないかと思われる職業として、ここではブライダル業界の仕事を考えてみたいと思います。こちらも男性に門戸が開かれていないわけでは決してなく、むしろ男性向き?と思える仕事もあるので、ブライダル業界を目指す男性は必見です。

実はすでに多くの男性が活躍中ブライダル関連職業の人気ナンバーワン、ブライダルプランナー

ブライダルプランナー ブライダル業界の中でも人気なのが、ブライダルプランナーやブライダルプロデューサーなど、結婚式を演出する職種です。こうした職業を象徴するような広告やポスターを見ても女性が活躍している姿ばかりがアピールされているので女性しかいない職場だと思われがちですが、実は以前から多くの男性が活躍しています。その典型例が、ホテルの営業スタッフです。
シティホテルで結婚式を挙げる人は以前から多くいますが、こうした人たちがホテルのブライダルカウンターなどに行くと、そこには女性だけでなく男性の担当者も多くいます。そして、性別に関係なく結婚式に対する要望をヒアリングして、理想的な結婚式をどうやって演出するかという相談にも乗ってくれます。
このようなブライダルカウンターにいる担当者の男性は、元からブライダル関連職を目指していたわけではないかも知れませんが、ホテル内の人事異動でブライダルプランナーとして働くようになったという人は以前から多くおり、今も活躍中です。
この時点で「ブライダル業界は女性の職場」ということが単なるイメージでしかないことがお分かりいただけると思います。

ブライダルプランナーを男性が目指すことの現実味

それでは、ホテル内の人事異動などではなく最初からブライダルプランナーなど関連職を男性が目指すことについての現実味はどうでしょうか。
実際問題として女性が多く活躍している職業であることは事実で、特に結婚式では花嫁が主役となるため、その主役と同性である女性のほうが仕事をしやすいという現実はあるでしょう。
ブライダル業界で男性が活躍するためのキーワードは、「力仕事」と「営業力」です。

お仕事W体験

ブライダルの仕事を目指すなら

まずは専門学校でホスピタリティを身に付けましょう。
大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校

オープンキャンパスはこちら

実は力仕事が多い?ブライダルプランナーの仕事

実はブライダルプランナーの仕事には、力仕事があります。しかもそれは、結婚式には欠かせないとても重要な演出に関わりがあります。その仕事とは、ウェディングドレスの提案です。結婚式の主役が花嫁であること、そして花嫁の晴れ舞台を彩るウェディングドレスは結婚式に不可欠な存在です。
このウェディングドレス、実際に持ったことや着たことがある人だと分かるのですが、とても凝った作りになっているのでかなりの重さがあります。ここ一番の晴れ舞台なのでウェディングドレス選びには時間を使う新婦も多く、何着もウェディングドレスを運んだりする作業は力仕事なのです。これはホテルや結婚式場、さらにドレスショップなどに当てはまることなので、男性の活躍シーンは意外に多いことが分かりますね。
和装についても一式を揃えるとなると荷物が多くなるため、やはりこちらも力仕事を伴います。
こうした「重いもの」に関する仕事以外にも、様々な段取りで歩き回ったり、時には走り回るようなこともあるブライダルプランナーは、体力自慢の男性にとって適職となる可能性が十分にあります。

営業力のある男性人材は重宝される!

もうひとつ、ブライダルプランナーに求められるスキルとして「営業力」を挙げたいと思います。営業というと何か商品を売り込む仕事に感じるかも知れませんが、ブライダルプランナーは提案してナンボの職業なので、過去に営業マンとして活躍した経験のある人にとってスキルを発揮できる機会が多くなります。
男性で営業マンの経験がある人であればプレゼン能力に長けている人も多く、こうした能力は男性ならではの視点で提案力を武器に活躍できる場面がたくさんあります。
力仕事や営業力、もちろんこれらは男性にしかない能力ではありません。しかし、男性としてブライダル業界で活躍したいと考えている人にとっては男性ならではの強みを発揮できる部分でもあるのです。もうひとつ、女性は結婚や出産などのライフイベントでブライダル業界の現場を一時的に離れることがあります。年齢、経験的に一番「いい感じ」の時期に現場を離れる人も少なくないので、そんな時にも男性が重宝される傾向があります。
最後まで読んでみて、ブライダル業界が女性だけの職場ではないこれだけの理由をお分かりいただけましたか?性別にかかわらず、「なりたい自分」をブレることなく目指してくださいね!

活躍する先輩たち

大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校は、これまで数多くの業界人を輩出しています。
業界で活躍する先輩がたをご紹介します!

オープンキャンパスはこちら

ドレス試着体験

お仕事W体験

オープンキャンパス

資料請求

他のおすすめ記事一覧

LINE 1 1対1トーク