オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

現役のプロに聞いた、ブライダルの仕事をしていて良かったことって何ですか?

ブライダルの仕事 ブライダルの仕事に就きたいという夢は、本当に就職をした時点から夢ではなくなります。夢をかなえてプロになった人はブライダルの仕事のことをどう思っているんだろう?そんな疑問がわいてきませんか?
実際のところ、現役のプロに聞いた話をまとめました。夢を夢で終わらせないために、ぜひ参考にしてください。

接遇、言葉遣い、立ち振る舞い、全てに一流が求められる仕事

接遇、言葉遣い、立ち振る舞い ブライダルの現場は、とてもフォーマルな空間です。結婚式を挙げる本人にとっては人生の晴れ舞台であり、それゆえに一流の素晴らしい思い出にしたいと考える特別な日です。
そのため、ブライダルの仕事をするということには、「一流であること」が求められます。考えてみれば分かることですが、接遇や言葉遣い、立ち振る舞いがイマイチだと思われてしまうと、そんな人と特別な日の大事な話はできませんね。式を挙げるお客様にとってブライダルのプロは、一流の身のこなしができる人だと思われているのです。
これって実は、ホテルの利用客から見たホテルマン(ホテリエ)とよく似ています。一流ホテルにやって来る人はお金を払って、ホテルから一流のサービスを受けることを目的としています。そんな人たちに対してホテルマンの対応が三流だったら、宿泊客はガッカリしますよね。

花嫁にとってブライダルのプロは頼れる存在

ブライダルのプロ 結婚式の企画段階から式の当日まで、式を挙げる本人たちにとってブライダルのプロは一番多くのやり取りをする相手であり、最も頼りにしている人です。自分たちの式に対するアイディアや思いを形にしてくれる人なのですから、それは当然ですね。そのため、ブライダルの仕事には技術や経験だけでなく、いかにお客様の心に寄り添うことができるかというスキルも求められます。それは特に花嫁に言えることで、花嫁にとって結婚式は自分が主役になる人生の晴れ舞台です。失敗したくない、恥をかきたくないという思いはもちろん、「最高の一日にしたい」という思いにはとても強いものがあります。
一緒に式の準備をしてきたパートナーとして、当日のアテンドをする立場にあります。それまでの準備で作ってきた信頼関係がものを言う場面でもあるので、式の当日だけ丁寧に仕事をしてもうまくいきません。
花嫁に安心してもらうために、準備段階からお話をして提案をして、「一緒に創り上げてきた」という信頼関係があれば、結婚式がうまくいった時には一緒になって喜ぶことができるはずです。
これこそがブライダルの仕事で得られる大きな財産ではないでしょうか。ブライダルのプロになるということは、こんな思い出を積み重ねていく作業なのかも知れません。

お仕事W体験

ブライダルの仕事を目指すなら

まずは専門学校でホスピタリティを身に付けましょう。
大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校

オープンキャンパスはこちら

お給料では換算できない価値と感動

一生の思い出に残る結婚式を一緒に作るということが仕事になるというのは、ブライダルならではのものです。感動を創り上げることが仕事とは言え、目の前で本物の新婚カップルが一生の思い出に残る結婚式を挙げているのを見るわけです。しかもその結婚式はお客様と一緒に自分が創り上げたものなので、その感動はひとしおですよね。この感動は、お給料では換算できないブライダル職の価値だと思います。

自分で新しい価値を創造、独立して活躍する道も

以前と違って結婚式に対する価値観が多様化している時代なので、「こうでなければならない」という決まりごとは少なくなってきています。大切なのは結婚式を挙げるお客様本人がどこまで満足できるかなので、新しいアイディアから独自の世界観を生み出しているブライダルプロデューサーもたくさんいます。そんな人にはもちろん依頼も多くなるので、自分のアイディアや経験を武器に独立する人も少なからずいます。
本当に自分のやりたいことをやるには独立するべき、と考える人もいるので、自分のアイディアや経験が人から認められればフリーのブライダルプロデューサーとして活躍する道も夢ではないのです。
そもそも仕事の中身に夢があるのがブライダルの世界ですが、その働き方や活躍のしかたにもたくさんの夢があります。ブライダルプロデューサーは昔も今も人気の職業ですが、なぜこれだけ人気なのかという理由がお分かりいただけたと思います。

活躍する先輩たち

大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校は、これまで数多くの業界人を輩出しています。
業界で活躍する先輩がたをご紹介します!

オープンキャンパスはこちら

ドレス試着体験

お仕事W体験

オープンキャンパス

資料請求

他のおすすめ記事一覧

LINE 1 1対1トーク