オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

ホテルマン?ホテリエ?
正しい呼び方と仕事内容、お給料事情まとめ

ホテルマン、ホテリエ ホテルで働く人のことを、何と呼びますか?従来であればホテルマンと呼ぶのが一般的でしたが、最近ではホテリエという呼び方を見かけることも多くなりました。ホテルマンとホテリエには何か違いがあるのでしょうか?この呼び方についての知識と、ホテルマン(ホテリエ)の仕事内容、お給料事情などをまとめてみました。

ホテルマン?ホテリエ?まずは呼び方から

ホテルマン、ホテリエ ホテルマンというと、「マン」という響きから男性だけの職業だと勘違いされることがあります。実際のホテルには男性だけでなく女性もたくさんいますので、性別の偏りをなくすためにホテルマン・ホテルウーマンと呼ばれるようになりました。そこに加えて、今ではホテリエという呼び方が登場しているので、いったいどれが正解なのか、それぞれの意味は?と感じる人も多いでしょう。
従来から使われ続けているホテルマンという言葉はホテル従業員を意味しますが、実は本来の英語ではホテル従業員というより、むしろホテルの支配人や管理職の人という意味合いが強くなります。和製英語ではないのですが、英語本来の意味とはちょっと違いますね。
次に、最近登場したホテリエというのは、フランス語です。フランス語ではHの文字を発音しないので、Hotelは「オテル」と発音します。そこで働いている人のことをHotelierと表現するので、フランス語では「オテリエ」なのですが、日本ではホテリエと呼ばれています。従来のホテルマンという言葉には男性のみの職業という意味が含まれてしまうので、男女どちらにも使えるホテリエという言葉が多用されているのです。
英語、フランス語それぞれが持つ元々の意味は異なるのですが、日本ではどちらも同じ意味合いで使われています。

たくさんの職業が集約されたホテルという職場

ホテル 一概にホテルと言っても、フロントやベル、ドアマンに始まりコンシェルジュなど、たくさんの持ち場があります。ここではホテリエという職種の人が担当しそうな職種に限定していますが、ホテルには他にも厨房での調理師や客室係、清掃係、さらには営業マンなど、たくさんの職種があります。
こうしたホテリエの仕事の中で、やはり多くの人(特にホテリエを目指している人)にとってはフロントやコンシェルジュが「なりたい職業」のイメージに近いのではないでしょうか。

フロントとコンシェルジュの違い

ここで登場した、フロントとコンシェルジュについても触れておきましょう。どちらも宿泊客に対する接客を行う職種ですが、何が違うのでしょうか。
フロントとは、文字通りホテルのフロント(一番前)に立つ職場です。訪問者がホテルにやって来た時、真っ先に向かうのがフロントです。その目的はチェックインなので、フロントによってチェックインを行った瞬間からその訪問者はゲストとなります。そのゲストが帰る時にチェックアウトを行うのも、フロントです。チェックアウト時には会計が発生することもあるので、その際に清算業務もフロントの仕事です。その他にはゲストへの様々な案内や説明を行うのもフロントなので、まさにホテルの「顔」です。
ここまではフロント業務のうち対ゲストのものですが、フロントにはもうひとつ重要な業務があります。それはフロントからの様々な情報の共有や指示です。ホテル内の情報は全てフロントに集約されているので、ホテルの司令塔のような立場でもあるのです。こうした仕事を任されるフロント業務だけに、ホテリエにとっては腕の見せ所、やりがいが大きな部署と言えるでしょう。
それでは、コンシェルジュはどんな業務をしているのでしょうか。フロントとの大きな違いは、ホテル外の情報やサービスを担当していることです。例えば、ホテルから近いところにある和食のおいしいお店を知りたい場合、ゲストはフロントではなくコンシェルジュに尋ねます。私たち日本人はホテルのコンシェルジェサービスをあまり使わないため、フロントとコンシェルジェを混同している人も多くいます。しかし、欧米人をはじめとして訪日外国人はコンシェルジェを使うことに慣れている人が多いので、様々なリクエストが舞い込んできます。日本のホテルはもちろん、海外のホテルでの就職を考えている人にとってはコンシェルジュという職場の意義をしっかり踏まえておいた方が良いでしょう。

ホテリエのお給料事情

ホテリエのお給料については、その人のキャリアやスキル、就職先などによってばらつきが大きいため、一概に「〇〇万円!」と言い切ることはできません。新人ホテリエの年収は200万円台からスタートするケースが多いですが、その後のキャリアアップによって昇給し、年収が600万円台になる人もいます。また、管理職に昇進すると手当がついたりとキャリアアップに応じて年収が増えていく業界です。
一般的に大手ホテルチェーンのほうが平均年収が高いと言われていますが、これはホテリエとして求められるスキルの水準も高いことでもあるので、単純に「大手だからオトク」というわけではありません。
世界的にホテル利用者は増え続けているので、お給料面も含めて将来性のある業界であることは間違いありません。

活躍する先輩たち

大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校は、これまで数多くの業界人を輩出しています。
業界で活躍する先輩がたをご紹介します!

オープンキャンパスはこちら

プロのホテリエ「こだわりの技7選」伝授!

お仕事W体験

オープンキャンパス

資料請求

LINE 1 1対1トーク