オープンキャンパス・体験入学

オープンキャンパス・体験入学

資料請求

国内系?外資系?大手?小さなホテル?
ホテル就職の当たり外れを考える

ホテル就職 訪日外国人が増え続けるのに合わせて、日本国内ではホテルの開業ラッシュが続いています。ホテルの数が増えるということは、それだけ就職先が増えるのでホテル業界を目指す人にとっては追い風が続いています。この傾向はまだまだ続くと見られているので、ホテル業界の魅力はこれからも変わらないでしょう。
就職先という選択の幅が広くなってくると、どんなホテルが一番職場として良いのか?自分に合っているのはどんなホテル?という贅沢な悩みも出てきます。
これからホテル業界への就職を考えている皆さんに知っておきたい、ホテルの分類別の特徴を解説したいと思います。

最近増えている外資系ホテルってどう?

外資系ホテル ホテルの開業ラッシュというニュースの中でとりわけ目立つのが、外資系ホテルの進出です。世界的なホテルチェーンといえばヒルトンやフォーシーズンズ、リッツカールトン、マリオットなどが思い浮かびますが、こうした上位ランクのホテルだけでなく、中堅クラスのホテルも多数日本に進出しています。その狙いはもちろん、増え続ける訪日外国人客です。
これらのホテルが日本進出をする際には、基本的に日本国内で人材を募集しています。一部の管理職を除いて日本国内の外資系ホテルでは日本人のホテリエが活躍中です。
規模の大小にかかわらず、外資系ホテルは実力主義に徹している企業風土が全体的にあります。これはホテルに限らず色々な業種に言えることですが、能力のある人、結果を出している人が年齢や勤続年数に関係なくどんどん出世していく仕組みです。これはプロのホテリエとしてバリバリ活躍したいと思っている人にとっては夢のある職場ですね。もちろん、そのためには努力も必要ですが。

日本人的な働き方が特徴の国内系ホテル

国内系ホテル 外資系ホテルが進出してきても、当然ながら最もシェアを持っているのは国内資本のホテルです。帝国ホテルやホテルオークラ、ニューオータニ、ロイヤルホテル、さらには航空会社系や鉄道会社系など、日本国内資本の有力なホテルは無数にあります。
こうした国内資本のホテルは、全てがそうだというわけではありませんが、日本的な経営をしているところが目立ちます。年功序列や長期的なキャリアアップが前提になっているホテルも多く、これまでの日本的なシステムの中で働きたいという人には落ち着く職場ではないでしょうか。

規模の大小でホテルの「当たり外れ」はあるか

大きなシティホテルや高級ホテルに対して、ビジネスホテルクラスの中小規模なホテルもあります。現在の訪日外国人のニーズが高いのは、実はビジネスホテルなどのホテルです。東横インやアパホテルなどのビジネスホテルが続々と出店を加速させているのもそのためで、出世や将来性という意味ではこうした需要の高いホテルにも魅力があるのではないかと思います。
こうしたビジネスホテルでは急速な出店展開によって人材不足が慢性化しているので、求人広告には幹部候補や支配人候補といったキャリア募集もよく見られます。こうしたことは、大きなホテルではあまり考えられないことなので、大きくキャリアアップしていきたいというホテリエ人生を描きやすいでしょう。

どの職場でも通用するホテリエになろう

外資系、国内資本、規模の大小など、一口にホテルと言っても職場の色合いは様々です。もちろん給与体系やキャリアアップの方法も異なりますが、ひとつだけ、どの職場にも共通していることがあります。
それは、ホテルがゲストをお迎えしておもてなしをするホスピタリティ空間であることです。職場は違っても仕事の内容に大きな違いはないので、どの職場であっても積んできた経験や努力は無駄になりません。大切なのは、どの職場であっても通用する人になること。そんなプロになることで、どんなホテルでも能力を発揮して充実したホテリエとしての人生が手に入れることができるのです。

活躍する先輩たち

大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校は、これまで数多くの業界人を輩出しています。
業界で活躍する先輩がたをご紹介します!

オープンキャンパスはこちら

プロのホテリエ「こだわりの技7選」伝授!

お仕事W体験

オープンキャンパス

資料請求

LINE 1 1対1トーク